エグすぎ!2万5000lの血と300lの嘔吐物が噴出

すべての写真を見る(12件)『スパイダーマン』シリーズの監督として、今やハリウッドを代表する大監督となったサム・ライミ。そんな彼の名を映画ファンに知らしめたのが、スプラッターホラーブームのきっかけとなった『死霊のはらわた』(81)だ。そんな同作が、ライミ監督とオリジナル版の主人公アッシュ役を演じたブルース・キャンベルのプロデュースによりリメイクされ、5月3日(金)から公開される。とある森の廃屋にやってきた5人の男女が、その家で死者の書なる奇怪な本を発見。そこに書かれていた呪文を唱えてしまったことから死霊をよみがえらせてしまい、一人また一人と命を落としていくというのが、オリジナル版ストーリーだ。続編となる『死霊のはらわたII』(87)から続く、コミカルなテイストばかりが印象に強く残る本シリーズだが、第1作はチープな作りではあるものの、肉体損壊なんてレベルじゃない流血ドバドバの本格的なホラー映画だった。リメイクというと、どうしてもオリジナルより劣るのでは?と思ってしまうが、その点はご安心を。低予算ゆえ、目を覆うほどではなかった切断シーンがかなりリアルなエグいものになっており、圧倒的な迫力になっているのだ。一部の作品を除いて、近年は殺傷の直接的な描写が遠慮がちになっていたが、そんな潮流に逆らうかのように、死霊にとりつかれた腕を自分で切断するシーンが延々と映し出されるのだ。また、本作がオリジナルと比べ優れているのは、森で死者の書を見つけ、死霊に襲われるという基本的な設定はそのままに、登場人物5人の関係性をメインとなるデビッドとミア(一番最初に死霊にとりつかれる)の兄妹の絆に据え、訪れる家も彼らが以前に住んでいた場所という設定に変えたことだろう。長年、家を離れ、母親の死に目にも会えなかったような兄。そんな兄への不信感と寂しさから妹が薬物依存に陥っていくという現代的なテーマを含んだ人間ドラマとしての面白さも加味されている。ウルグアイの新鋭フェデ・アルバレス監督がオリジナル版の良さを存分に生かしつつ製作した本作では、実に2万5000lの血と300lの嘔吐物が用意されたという。ホラー映画史に名を残す一作となるであろう今回の『死霊のはらわた』を是非劇場で見てもらいたい。【トライワークス】

「池上彰の学べるニュース」がこどもの日にスペシャル放送決定

すべての写真を見る(3件)テレビ朝日系で放送中のニュース・バラエティー「そうだったのか! 池上彰の学べるニュース」が、5月5日(水)に2時間スペシャルで放送されることが決定。収録前の池上彰が、囲み会見に応じた。池上が最新のニュースを分かりやすく解説する同番組は、初回視聴率が17.4%を記録するなど、”面白くてためになる”をモットーに、ニュースを全く見ない人から、毎日チェックしている人まで、さまざまなゲストがスタジオに集結。ゲストは「いま気になるニュース」について自由に質問し、池上が豊富な知識をもとに、模型や大型モニターを駆使して、どんなレベルの質問にも丁寧に分かりやすく、”そうだったのか!”と思わせるよう、ひもといてゆく。分かりやすくニュースを伝えるコツについて池上は「相手が何を分からないのか理解すること。それを理解もせずに、専門用語で答えてもチンプンカンプンでしょ。なぜ、その疑問、質問が出てくるかを考えるようにしています」と同じ目線での解説を心掛けていると明かす。また、ゲストから意外な質問が来た場合については、「(ドキッとすることは)ありますよ。先日も、中国の経済成長について解説する中で、『中国は鎖国をしていました』と話したのですが、ゲストの上原美優さんから『鎖国ってなんですか?』と聞かれたんです。『そう来ましたか〜!』という感じ(笑)。でも、『かつては日本も鎖国をしていて、物流だけでなく思想や宗教が外国から流れ込んでくることを時の政府は恐れていたんですよ』と説明するうちに、『そうか、中国が恐れているのもこのことなんだ』と改めて気付くことができました。ですから、そういった質問には感謝しています」と新たな発見にもなっているようだ。最後に、「(2時間スペシャルでは)『北朝鮮の核開発』を取り上げる中で、核兵器のウラン型とプルトニウム型の違いは何かなど、小学生にも理解してもらえるよう解説していきます。これまでのニュースは、専門家が専門用語で作ったものが多く、受け手の理解・不理解はどちらかというとお構いなし。英語の学習番組でたとえるなら、『基礎英語』=『こどもニュース』『ビジネス英会話』=『報道ステーション』といったところで、中間の『やさしい英会話』に該当するニュース番組がありませんでした。この番組が目指すのはそこ。『報道ステーション』がよく分かるようになるニュース番組という位置づけになります。その結果、大げさなようですが、ニュースを理解した皆さんが自分の意見を持つことへの手助けができたらすばらしいと思います」と語った。

歴代ライダー&戦隊ヒロインが”ファン感謝祭”に集合!

すべての写真を見る(5件)”24時間×365日、東映特撮が楽しめるアプリサービス”「東映特撮ファンクラブ」のサービス開始1周年を記念して、10月30日(日)に行われるイベント「東映特撮ファン感謝祭2016」の第1弾出演者に、賀集利樹、半田健人、森田涼花、小島梨里杏らが決定したことが分かった。同イベントでは、東映特撮ファンクラブの大人気オリジナル番組「東映特撮ファントーク」特別版の公開収録の他、仮面ライダーGIRLSによるミニコーナー、さらにファンクラブ2年目の新展開発表などが行われる。イベントは2部構成の入れ替え制で、東映特撮ファンクラブ会員のみ応募、参加が可能。第1部に「仮面ライダーアギト」(’01~’02年、テレビ朝日系)津上翔一役の賀集利樹、「仮面ライダー555(ファイズ)」(’03~’04年、テレビ朝日系)乾巧役の半田健人が。第2部には「侍戦隊シンケンジャー」(’09~’10年、テレビ朝日系)花織ことは役の森田涼花、「烈車戦隊トッキュウジャー」(’14~’15年、テレビ朝日系)ミオ役の小島梨里杏がそれぞれ登場。また、仮面ライダーGIRLSが第1部、2部を通して登場する。イベント参加の応募は、東映特撮ファンクラブアプリ内にて10月24日(月)夜11時59分まで受付中。第1部、第2部とも250人が参加可能だ。

九州初!福岡のスタバ13店舗でワークショップ開催

福岡市内の博多・天神地区のスターバックス13店舗で3月26日(土)から9月30日(金)まで「My Cafe-Life Workshop-パーティ編、ドリップ編-」を開催する。九州では初の試みとなる。すべての写真を見る(5件)「My Cafe-Life Workshop -パーティ編、ドリップ編-」は、スターバックスのコーヒーのエキスパートであるコーヒースペシャリストと地元の店長が考えた”かしこまらず、楽しみながら学ぶコーヒー体験”をテーマにしたワークショップ。自宅でおいしいコーヒーをもてなす作法やテーブルコーディネートのコツをプログラム化し、「パーティ編」と「ドリップ編」の2種類を設ける。共に60分で、参加費は2160円。バリスタが選び抜いた特別なマグカップが記念品としてもらえる。「パーティ編」は、コーヒーをおいしく入れるポイントや、コーヒーと相性のいいフードを合わせるフードペアリング体験など、コーヒーシーンを豊かにするコツをレクチャー。バリスタの提案するコーヒーやフードを波佐見焼のテーブルウエアで用意する。「ドリップ編」は、コーヒーを抽出するポイントをレクチャーし、2種類のドリッパーでの飲み比べやハンドドリップのコーヒー抽出体験など、五感で楽しめる内容。バリスタが選んだ有田焼のマグカップに入れた、至福の一杯が味わえる。開催スケジュールや店舗は、スターバックス コーヒー ジャパンの公式ホームページのイベント情報ページで随時更新中。予約は各店舗にて、電話または店頭で受け付けている。有田焼・波佐見焼とスターバックス、九州ならではのコラボレーションに注目だ!【福岡ウォーカー】

超絶アクション大作『バトルシップ』が戦艦マニア垂涎の理由って?

すべての写真を見る(7件)数々の傑作を残してきたユニバーサル映画の100周年記念作として話題を呼んでいるアクション超大作『バトルシップ』(4月13日公開)。主人公に『ジョン・カーター』(4月13日公開)でも主演を務める新鋭テイラー・キッチュが抜擢され、日本からは浅野忠信が主役級で登場、グラミー賞歌手のリアーナの出演など、キャスト陣に大きな注目が集まるが、リアルさを追求した海洋バトルも見逃せない。なぜなら第二次世界大戦で活躍した戦艦ミズーリの実物が、バトルを繰り広げるからだ。ハワイ沖を舞台に、突如宇宙から飛来したエイリアンの戦艦と、日米の戦艦との壮絶な海洋バトルが描かれる本作。ミズーリはその戦いのクライマックスで、目覚しい活躍を見せる重要な役割を担っている。アメリカ国民からは”マイティ・モー”の愛称としても知られるミズーリは、第二次世界大戦で日本が連合軍と降伏文書を交わした舞台となったことでも有名で、朝鮮戦争や湾岸戦争にも出動し、1992年に退役した由緒正しき戦艦だ。スティーヴン・セガール主演『沈黙の戦艦』(92)にも登場し、1994年には「戦艦ミズーリ保存協会」が発足するなど、大変な人気で、現在ではハワイ州パールハーバーで記念艦として保存されている。そんな戦艦の実物が登場し、エイリアンと激しい戦いを繰り広げるのだから、戦艦マニアにはたまらない光景になっている。さらに、世界中の海軍が集結して2010年に行われた環太平洋合同演習の様子も『バトルシップ』の劇中に取り入れられている。戦艦など、ディテールのリアルさにこだわりつつ、エイリアンとの海戦が描かれた本作の壮大なスケール感は、是非とも映画館の大スクリーンで堪能したい。【トライワークス】

うさ耳姿が可愛すぎ!ピューロランドのイースター初開催

サンリオピューロランドでは、3月18日(土)から6月27日(火)まで、心も体もわくわくするようなイースターイベント「ピューロイースター」が初めて開催される。キティやマイメロディ、ぐでたまなど、人気キャラクターが登場する参加型パレード「イースターセレブレーションパレード」の上演や、カラフルなたまごでいっぱいのフォトスポット、フォトジェニックなフードメニューも展開される。すべての写真を見る(6件)イースターを盛り上げるパレードには、イースターの象徴「うさぎ」「たまご」にちなみ、マイメロディやぐでたまをはじめとした計7キャラクターが出演。キャラクターたちと一緒に、歌って踊って楽しめる参加型パレードとなっている。パレードを盛り上げる「ぐでたまライトバルーン」の発売も決定。好評発売中のショーやパレードの演出と連動してカラフルに光る「ミラクルハートライト」に取り付けて使用すれば、より一層楽しめること間違いなしだ。ピューロランド1階「ピューロビレッジ」には、カラフルなたまごやキャラクターたちに囲まれて写真が撮れるフォトスポットも登場。まるでたまごでいっぱいのバスケットに自分も入っているかのような体験型のスポットだ。さらにフォトスポット内には、ピューロランドで活躍するうさぎのキャラクター「ウィッシュミーメル」のグッズが色々なところに隠されているのだとか。イースターではおなじみの「エッグハンティング」をピューロランドらしくアレンジした「メルハンティング」をしながら館内を楽しもう。この他にも、イースターにちなみ、うさぎをイメージした全身ホワイトのお洋服とうさみみカチューシャの着用でパスポートチケットがお得になる「イースターコーデ割引き」も実施。「イースターコーデ」で遊びに行けば、さらに楽しめること間違いなし。ぜひ特設サイトをチェックしてみて。【ウォーカープラス編集部/オオツカナナ】

アフリカのライオン、50万頭から2万頭に減少!父親を失った3頭の赤ちゃんを母親ライオンが育てていく感動作品!

50年前に50万頭いたライオンが、今ではわずか2万頭に減っている現実の中で、力強く生き残っているライオンたちの姿を描いた新作映画『ザ・ラスト・ライオンズ(原題) / The Last Lions』について、監督のデレク&ビヴァリー・ジョーバート夫妻が語った。 同作は、父親ライオンが敵対するライオン・グループに打ちのめされて動けなくなってしまい、3頭の赤ちゃんライオンを抱えた母親ライオンが、この厳しい野生の中で必死に子どもを育てていくという姿を描いたドキュメンタリー作品。 まず、なぜこれほどライオンは減少したのか、との質問に「実はライオンだけでなく、大型のネコ科の動物やシロクマが50年前に比べ、約90%近く減少しているんだ。そんな中でライオンが減少した理由の一つは、これまでアフリカでは牛(食用、酪農用含め)を中心に生計を立てている家庭が多く、牛がライオンに襲われたりすると、そのたびに襲ったライオンを人々は殺してきたんだ。次に、密猟者の人口が増えていることが理由で、その密猟者の中で最も価値があるとされる雄のライオンが、統計では年間に約600頭も密猟されているんだ」とデレクが答え、さらにその密猟したライオンの肉を人が食べているケースもあると仰天するような話も付け加えた。 次に、ライオンの減少が与える影響についてデレクは「ライオンを含めた頂点捕食者(自分自身を補食するするものがいない動物)が少なくなるということは、生態系に大きな変化を及ぼすんだよ」と語る。それは草食動物を増加させることになり、その増加によりエサがなくなった彼らが畑のある農家を襲うケースがあるそうだ。さらに「エコーツーリズム(環境学習の要素を持って自然を探訪するツアー)に大きな影響を与えることになる。アフリカの多くのコミュニティは、このエコーツーリズムが重要な生計で、その総額が1年間で800億ドル(約6兆6,400億円=1ドル83円の換算)あると言われているんだ。つまりエコーツーリズムの中でいちばん価値のある動物とされているライオンが減少すれば、このエコーツーリズムに影響を与え、いちばん被害を受けることになるのは我々人間なんだよ」とデレクは明かした。 撮影中には苦労したり、危険な目にあったりしたのだろうか。「ライオンやヒョウなどは、人間を襲ったりするというイメージが勝手に人々に植え付けられているが、ほとんどの大型のネコ科の動物は、(人間には)関心を持たずに暮らして生きている。だから、そういったライオンに近付いて、我々に慣れさせてから、自然な表情や行動を撮影するのはずいぶん苦労したんだ。撮影中には象に突撃されたり、蛇に噛まれたり、マラリアを患ったときもあったが、我々が生き残ってこれたのは、一日の始めに今日することに恐怖を感じずに、新たな日々を過ごそうと思ってきたからだ」とデレクが答えた後に、ようやくビヴァリーが「私たちは高校生のときから35年間一緒で、どんなときでも自分の胸の内を、ちゃんとパートナーに伝えてきて、さらにこれまで同じ情熱を持ってこれたからうまくやってこれた」と二人三脚でこの撮影を乗り切ったことを語った。 映画内では、子どもを狙って追走してくる敵対するライオン・グループから子どもを守りながら、普段ライオンが苦手とされる水の中で、子どものために自分の体の何倍もある水牛に向かっていく母親ライオンの姿は圧巻。ナレーションも、オスカー俳優ジェレミー・アイアンズが担当し、完成度の高いドキュメンタリー作品に仕上がっている。

Perfumeの3人が学生時代の恋話で大盛り上がり!

すべての写真を見る(20件)2002年の発売以来、甘酸っぱい美味しさと果肉食感で若い女性を中心に愛されているブランド「ピュレグミ」の新CM発表会が、4月4日(水)に開催され、CMキャラクターのPerfumeが登場した。新CMは発売10年目となる今年のキャッチコピー「ピュレグミは、恋の味」をテーマに、ピュレグミの甘酸っぱさにハートが弾む美味しさをPerfumeらしいテクノポップをBGMに軽快なダンスで恋の味を表現しているが、もともとピュレグミのファンだったという3人は、今回のCM起用を本当に嬉しかったようだ。「撮影も楽しかったです。まずセットの可愛さに驚いて。振り付けも可愛いんです」とあーちゃん。振り付けの”ツンツン”も披露してくれた。「スタッフも監督もよくしていただいて。私たちのダンスのこだわりをくんでくれて、挑戦させてくれたりとか。自分たちより年下のエキストラの子とも交流して」とのっち。同CMのために書き下ろされた楽曲「コミュニケーション」に関しては、「初恋のコミュニケーションをとりたがってる感じ。ツンツンって。ピュレグミ用に書き下ろして、不安定な恋のうまくいくかな、いかないかな、気になるよーっていう。気持ちが込められています」とあ~ちゃん。曲もダンスも、きゅんきゅんする恋の表現が見どころのようだ。ポスタービジュアルでは、ハートの中に3人がいる写真が使われているが、あ~ちゃんは「これは合成ではなく、実際に入って撮っていたので、すごい体勢なんですよ。いろんなポーズに挑戦して。研究して撮りました。かしゆかの足とかもすごく高いところにあって」と語り、筋肉痛になったことも教えてくれたが、ドキドキの体勢になっているのでこちらも要チェックだ。気になる「恋の味」のイメージはというと? かしゆかは「甘酸っぱいイメージがありますね。甘いけどキュッと酸っぱくなるような」と答え、「制服デートみたいなイメージ。ピュレグミを男子に”いるー?”みたいな」というのっちに、あ~ちゃんは「袋伝いに指が触れるかも! きゅんきゅんきゅんきゅーんっていう。ピュレグミを食べて頑張ろうっていう!」と言って、学生時代をずっと一緒に歩んできた3人は、男子の運動しているところを見ながら女子トークを繰り広げた話など、学生時代の恋の話で盛り上がった。新生活を迎え、新しいことへの挑戦は?という質問には、「お料理ですか。日常的に作るようになったら良いなと」(のっち)、「一人旅。2回くらい国内には行っているんですが海外にも行ってみたいです」(かしゆか)、「お花見をしたいですね。3人で散歩しながら。ピュレグミ持って」(あ~ちゃん)と、それぞれが答え、今回のレーベル移籍で世界進出は?という記者の突っ込みにも、のっちが「あ!それでしたね」と返し、会場を和ませた。「新しい挑戦!私たちはプロデューサーの中田さんの楽曲のファンで、世界の方々に知ってもらって、日本も好きになってもらえたら。ライブもできたら良いな」と、最後にあ~ちゃんが締めくくった。ピュレグミ「恋の味」篇CMは4月5日(木)より放映開始、Perfumeが歌うCMソング「コミュニケーション」は4月11日(水)にリリースされる。【東京ウォーカー】

MCは未熟!? 国分太一が外国人パネラーにたじたじ

すべての写真を見る(8件)10月12日(水)からスタートする新番組「世界のみんなに聞いてみた!」の囲み取材が7日、TBSで行われ、MCを務める国分太一と枡田絵理奈アナが見どころや意気込みを語った。同番組は、世界のさまざまな国で街頭インタビューを行い、日本人が知らない「世界のこと」を学ぶアンケートバラエティー。ことし8月に特番として放送され、今秋からレギュラー化が決定した。初回の収録を終え、国分は「外国人の方に、自由に話していただいてます。先ほど、中国の方に『まとまらないのはMCのせいだ』とダメ出しを食らってしまいまして、『まだまだだな…』と思いながら、楽しくやらせていただいています(笑)」と明かし、会場を沸かせた。さらに、「以前、『美人の条件』というテーマの時に、ある国では眉毛がつながっている女性が人気だったり、ある国ではお尻が大きければ大きいほど人気があって、お尻にパットを入れて大きく見せていたりと、日本じゃ考えられない文化が知ることができる」と見どころをアピール。「個人的には、いろんな国の(日本と韓国のような)いい関係を持つ”ライバル国”を知りたいですね」と告白し、「いろんな国の方の話を聞いて『やっぱり日本がいいな』って思います(笑)」とコメントした。また、番組では外国人パネラーが多数登場し、スタジオがヒートアップするところも見どころの一つだが、国分は「レギュラー番組になったのはすごくうれしいんですけど、僕の声が持つかどうか…(笑)」と苦笑い。「スタジオで、『発言する時は手を上げましょう』って決めても守ってくれなかったり…幼稚園の先生になった気分です。もうちょっと空気を読んでくれたら…」とこぼした。一方、枡田アナも「『ちょっとしゃべりたいな』って思った時も、(外国人パネラーの勢いに飲まれてしまって)思わず(言葉を)飲み込んでしまうことがありますね」とMCとしての苦労を分かち合っていた。MC二人が苦労を吐露する中、番組出演中の外国人パネラー、コートジボワール出身のサコさんとバングラデシュ出身のアベディンさんが取材に乱入。番組のロケで、キャバクラに行ったというアベディンさんは「私の国では、女性が肌の露出するのは絶対いけない! でも、今(キャバクラ通いに)ハマっております!」と宣言し、笑いを誘った。

シャイア、『トランスフォーマー』撮影で危うく失明

すべての写真を見る(2件)昨年9月『トランスフォーマー:リベンジ』撮影現場でシャイア・ラブーフがまぶたを切って負傷したという報道があったが、事実は報道よりよほど深刻だったらしく、彼は危うく失明するところだったらしい。「混乱状態だった。僕がタイミングをはかり間違えて、顔に小道具が刺さったんだ。起きあがったら目に尖ったものが刺さっていて、顔に血が流れていた。とても暗く、紫がかった暗い色だった。それは実際には素晴らしいことだったんだよね。もし赤みがかった透明だったら、僕の目は飛び出ていたということだから」と語っている。「彼の顔は滅茶苦茶だったわ。彼みたいに痛みに耐えることのできる人間を、私は他に見たことがない」と共演者のミーガン・フォックスも語っており、そんな”耐える男”のイメージにぐっと来たのかどうかは不明だが、再びシングルになったミーガンとシャイアが早朝コーヒーを飲む姿がパパラッチされており、”お泊り?””それとも早朝デート?”と交際の噂も出ている。【UK在住/ブレイディみかこ】